「心豊かな毎日」

『 コンニャク作り 』

2017/107(土)

 春に植えたコンニャクの葉や茎が枯れて、芋を収穫して置いたが他の作業との優先順序から後回しになっていたコンニャク作りをやった。今日のように雨降りで畑に出れない時がチャンスになる。

 500Grだった種コンニャクは3倍の1.5Kgrになっていた。
皮むきで皮をきれいに剥いてからおろし金ですりおろした。芋がスベスベして持ちにくく重いのでおろし金の方を動かしてすりおろした。

 中火で木べらでかき混ぜながら加熱して透明度と艶が出てきたところで凝固剤(炭酸ナトリュウム)をぬるま湯とかして置いたものを入れてさらにかき混ぜた。

 鍋から大きめのバットに入れてしばらくして固まったところで切り分けて20~30分間にて水に移してあく抜きして完成だ。

早速今晩の煮物とおでんに入れてご馳走になった。
今までの市販品と比べて歯切れがよく歯から滑って逃げないので噛みやすく食べやすくコンニャクの味が感じやすい気がした。
初めてのコンニャク作りだったがまあまあの出来ばいで満足した。

 大きめになったが孫用の玉コンニャクも作った。 TELして置いたので夕方取りに来た。

   次回は我が家のような小家族では、500Gr程度のコンニャク芋で充分の量ができるので切り分けて使って見るつもりだ。

『 ニンニクの価格が高い 』

2017/9/20 (火)

 食品売り場ス-パ-でニンニクが1個200円で売っている。高くなったな-と思っていたら種用で売っているのはもっと高い。

 毎年自種で栽培しているので価格は気になるが自分の種はいつもの半分くらいの250個しかなかった。
種が高すぎて追加の種購入はやめた。

種物屋での話では今年はニンニクがどこでも凶作だったらしい.。

我が菜園のモグラの被害だけではなかったようだ。 ニンニクが成長期に気温が高すぎたのが要因だったかと思う。
食用を少し残して小さいものは黒ニンニクをつくり始めた。(小さいものでも無駄にはできない。)


『 梅の漬け物作り 』

2017/8/25(金)

  我が家には、種類の違う4本の梅の木があり、今年も豊作でアブラムシもつかず綺麗な梅がなった。(無農薬栽培でも。)
梅酒(かたい梅)、塩付後きび砂糖漬け(かたい梅)、高田梅の完熟したもので塩漬けしないできび砂糖だけで漬けたものを7/11に作った。

 漬け物の砂糖、塩いずれもとり過ぎに要注意の年齢なので、控えめの分量で作ったが高田梅の砂糖漬けは汁が上がり梅は浮き上がり発酵し始めたので梅を引き上げて別の容器に蜂蜜で漬けなおした。

 梅干しの日干しは先人の優れた知恵だと納得した。

『 長雨でもト-モロコシは甘い 』

2017/8/22(火)

 今年は例年になく、長雨が続いているがト-モロコシだけは糖度は高く美味しいと孫たちに褒められている。

スイカは、7月の初めのころは大きさもまあまあだったが、甘さが足りないような気がした。
その後は、大きさも伸びず雨よけトンネルもやったが中には割れたものもできた。 追肥が足りなかったか?

コンパニオンプランツの長ネギも太くはなっているが草に負けて倒れて居る。昨日はビニ-ルと支柱を外して草を抜き次の白菜やキャベツの定植の準備をした。

 ネギは近くに植え直した、ネギは所々に植えてあり自家用には毎日納豆に使っている。

毎年草には勝てず負けている。草が小さいうちに引き抜くことだが対応しきれないのが現状だ。

『 シアル酸は免疫力を高めるとか 』

2017/8/16(水)

 シアル酸は、ウイルス感染や細菌から身体を守る働きをするらしい。
シシャモや鶏卵(の白い紐のところに多いとか、取って捨てたのはもったいないことをしていた。)燕の巣には多いのだそうだが?
次のページ

FC2Ad

まとめ